ハゼ クリーニング エビ ハナゴイ ほか その他のお魚 ウミウシ

デジカメ一眼デビュー
イン・奄美
初めてのデジカメ一眼、単焦点レンズでしたが、
Nexusハウジングの快適操作(シャッターなどは感動モノ)、
すべてのボタンがスムーズに操作できる造りには賈って良かったと
改めて思いました。

60mmレンズは使い勝手がいいと言うかこれまでのデジカメと比べ
違和感なく使えましたが、ハゼなどの寄りにくい被写体には、100mm
クラスが欲しいかなと感じました。

これからは、ストロボワークに磨きをかけていかねばと痛感した次第。
D70、NexusD70、60mmMicro、
SB600+NautilusHousing、Z220、
CANON UK-100という重装備で
望んだ、初舞台。
陸上での重さには閉口しましたが、
水中では片手操作が十分可能です。
(右手の親指がずいぶん疲れましたが・・・)

後刻、報告しますが
ストロボ(SB-600)が単独発光しないなどの
トラブルがあって焦りましたが、なんとか
対応できるようになりました。
ただし、Z220はマニュアル・オンリーですし、
その効果が液晶では即座に判断できない
(私の目では・・・の条件付き)など、
これまでのコンパクトデジカメで便利だった
機能(液晶で即時画像確認、D180との連携で
Z220はTTL)がなくなったことはありますが、
なにより
マニュアルフォーカスへの切替え、操作性が
ぐんと良くなったのは快適で、これまで
撮れなかったものが撮れると感じられたのは
大きなメリットです。
奄美・龍郷の夜明け  →